Instagram運用方法

【2021年2月最新】なぜコレをやらない?簡単なリピーターの囲い込み方法

けん
けん
なぜコレをやらない?簡単なリピーターの囲い込み方法とは?
こんな方におすすめ

インスタでリピーターを増やせない方

リピートに繋がるやり方が分からない方

リピーターを増やしたい方

この記事は、ビジネスを成功させるために絶対的に必要なインスタグラムの基礎知識から運用までを各セッション毎におばあちゃんでも子供でもわかりやすく細かく解説していきます。今日から即実践できます。

今回は、⑧【簡単なリピーターの囲い込み方法】について学んでいきましょう!

1:5の法則

新規を獲得する労力はリピーターを獲得する労力の5倍かかる

なぜなら、新規を獲得するためはに広告費を払い続ける=多額のコストがかかるからです。

 

例:美容院

⇒新規を獲得するために広告費を払い続ける

 

こういう風にコストをかけずに店舗への再来店や営業商材など全てがリピートするように変えていくには、既存のお客様(顧客)にリーチしていく必要があります。

そのリーチしていくのに必要な唯一ある媒体がインスタグラムになります。

 

では、なぜリピートするように変わっていくのか?

 

リピートに繋げる方法とは

  1. インスタ交換
  2. 交換したアカウントをGoogleのエクセル(スプレッドシート)でリスト管理
  3. お客様が帰ったその日の夜にDMを入れる
  4. リアクションをする

①LINE・LINE@の登録もいいがインスタの方がプル広告なので嫌な感じをさせずに相手に見てもらえる。

②エクセルで管理することで、確実に相手のアカウント管理が可能

③DMを入れることで忘れられず、また相手とのエンゲージメントも上げられるためストーリーでも上位3枠に入りやすくなる。

④例:2週間に1回、リストにあるお客様のアカウントにコメントやいいねをする。

 

では、例を元に解説していきます。

 

例:カフェ

お客様のカフェの投稿⇒「おいしそうなカフェですね」とコメント・DMを入れる

※友達の感覚で入れることが重要

⇒営業トークを入れることで嫌がられるため

 

【返報性の法則】

  • 何かしてあげなきゃいけない
  • 何か返さなきゃいけない

=人の心理

 

親近感が湧くと同時に返報性で再来店に繋がる

 

 

例:美容院

A⇒Bの美容院に行く理由が何となく⇒80%

この何となくを防ぐことができる←なぜできるのか?

 

=人は人に来るためインスタ上で繋がっていることでお客様が逃げなくなる

そのために自分からアクションを入れる

  • コメント・いいねをする
  • お客様⇒知り合いに変わる
  • 知り合い=知ってる人=その人のお店にいく・再来店に繋がる

 

※やってはいけないこと

「また来てください」「またお待ちしています」など再来店を促す営業トークは絶対にしないこと=逆に失客に繋がる

 

関係性が上がればこちらから何も言わなくてもリピートに繋がる。

 

 

例:営業

名刺の裏に自分のアカウントを載せる

⇒自分の投稿を見てもらえるため忘れられない

 

HP作成業務の場合

HP?→あの人なら作れるよ!

こういう風に紹介という形で仕事が来ることがある

 

こういう風にSNSは、仕事を継続的に得るために必要な絶対的なツールでリピーターを獲得する上で重要な媒体になります。

 

今回の場合であれば、お客様にお礼のDM⇒親しい友達⇒お客様のインスタストーリーの特等席にずっとい続けることができる。

エンゲージメント

投稿=しっかり見られる

⇒効果がある運用になる

お客様とDMをやり取りしていないとインスタ上でもストーリーを見られません。

 

自分のインスタの運用がより効果的になるという施策も含まれてリピーター獲得の方法が重要になります。

 

エンゲージメントを高める方法とは

DMのやり取りをすること

フォロワーの人数は重要ではなく1,000人いてもストーリーを見てくれるのは100人いればいい方。

いいねは、10~50あればいい方です。

 

なぜかというと、フォロワーがたくさんいても実際はストーリーの上位3枠に反映されるのは特別席のためいくらストーリー発信しても見られないからです。

 

6番目、15番目、30番目と反映されなければその中にすら入れませんし、最初の3人ぐらいのストーリーしか見られません。

 

では、その最初の3人ぐらいに入るためにはどうすればいいのか?

3人に入るためにはインスタアルゴリズムが働いています。

そのアルゴリズムに重要なのがDMと言うわけです。

 

例:飲食店

宝箱に入ったお肉を撮影してタグ付けしてくれる

⇒その投稿をリタゲ(リターゲティング)する

⇒自分のストーリーにあげる

⇒ストーリーをみたお客様が忘れない

 

【社会的証明の法則】

人が行っているところに自分も行きたくなる=リピートが生まれる

 

お店の商品を載せてくれたら必ずリタゲする

⇒その投稿に対して「ありがとうございます。」「またお待ちしております。」などDMを送る。

こういう風にリスト管理して毎週1回必ずコメントやいいねを入れていくことで、関係性が高まっていきます。

 

インスタで自分の投稿も見られることでエンゲージメントも高まり効果のあるインスタ運用ができるようになります。