Instagram運用方法

知らなきゃヤバい!基本を極めて運用していく【インスタグラム3分学習】

けん
けん
インスタグラムをビジネスに生かすにはどうしたらいいのか?【完全理解】を目指して徹底学習していきましょう。
こんな方におすすめ

中小企業の方

個人事業の方

自分をブランディングしたい方

 

 

この記事は、インスタグラムを【徹底学習】してビジネスに生かしていけるように子供でも分かりやすく解説していきます。

 

SNSって何?

けん
けん
そもそもSNSって何だろう?
結論

SNSにないものは誰からも知られない時代

SNS→Twitter・Instagram・LINE・Facebook

 

国民の4人に3人がSNSをやっている時代になります。

 

  • 2012年⇒8割【10代~20代】
  • 2018年⇒6割【10代~20代】・4割【30代以上】

例えば、SNSでおすすめの場所に行ったり、何か購買をしたことがある人は約80%もいます。

このように国民の4人に3人がSNSをやっている時代になるので【SNS上にないものは誰からも知られない】ということになります。

 

特に⇒ファッション・飲食・理美容

これらの職業はSNS(インスタグラム)をやっていないとヤバいです。

 

けん
けん
お店や個人・企業でもSNSに参入していないとこれから大変になるのは間違いなさそうです。

情報の拡散時代

けん
けん
SNSの普及で情報の伝わるスピードはどれだけ変わったのか?
結論

情報の拡散時代

SNSは情報の拡散スピードを加速させています。

【昔】

  1. Aさん⇒(その日知った良い情報をBさんに伝える)
  2. Bさん⇒(Aさんから教えてもらった情報を数日後にCさんに伝える)
  3. Cさん⇒(Bさんから聞いた情報を数日後にDさんに伝える)

このように数日~数週間かけて情報の伝達が行われていました。

 

【現在】

  1. Aさん⇒(その日知った良い情報)
  2. 1クリック⇒SNS(インスタグラム)に発信・投稿
  3. Bさん・Cさん・Dさん・Eさん・Fさん・・・などたくさんの人が見る

昔とは違って簡単に一気に拡散することができるようになりました。

この世の中の情報拡散スピードを”SNS”が変えました!

 

【例:ピコ太郎】(ペン・パイナップル・アップル・ペン)

面白いコンテンツを考えて広告費”¥0”でSNSにアップして約1か月で世界中に拡散させた。

 

【例:エイミーさん】

企業よりも個人で服をデザインしたり、発信したりして販売して企業以上の売り上げを出している。

 

【例:ユニークなカフェ】(ハンモックカフェなど)

ユニークさで勝負してSNSにアップされて行列ができる。

 

こういう風に面白いことなどいくらでも拡散できる時代です。

けん
けん
SNSに情報をアップしたらあっという間に拡散できるんだね。

 

オークション型マーケティングとは?

けん
けん
オークション型マーケティングってどういうこと???

オークション型マーケティング⇒「たくさんのお金を支払えば多くの集客が見込める」

【例:ホットペッパー】

  • 高い金額を支払う⇒検索で上位表示されるようになり、お客様がたくさん来店されやすい
  • 少ない金額を支払う⇒検索順位が下位表示になり、お客様から知られにくい

これがオークション型マーケティングになります。

けん
けん
なるほど。金額が多ければ有利。少なければ不利。個人では企業には勝てないですね。

クオリティ型マーケティング

けん
けん
クオリティ型マーケティングって何?

クオリティ型マーケティング⇒「面白いコンテンツ・アイディアなど良ければ拡散が勝手に起こる質の時代」

先ほどご紹介した

  • ピコ太郎
  • エイミーさん
  • ハンモックカフェ

などが良い例になります。

このようにクオリティ型マーケティングは、質が高く面白いコンテンツ・アイディアが良くて小さい企業や個人が一気に大きくなれることです。

けん
けん
つまり全員平等でチャンスがあるということですね。小さい企業や個人事業・個人程SNSを活用すべきなんですね。

 

なぜインスタグラムが重要なのか?

けん
けん
そこまでインスタグラムが重要な理由って何かあるのかな?

ユーザー数の急増

  1. 2015年~18年(国内)Facebook・Twitterのユーザー数⇒約300万人
  2. インスタグラムのユーザー数(国内)⇒約600万人
  3. 世界のインスタグラムのユーザー数⇒約1億2000万人

電車などさまざまな場所でやっている。

 

幅広い世代の需要急増

  • 2016年~18年⇒50歳以上のユーザー数が急増
  • 親・おじいちゃん・おばあちゃん世代の参入
  • 情報取得方法の変化(テレビ⇒スマホ⇒SNS)

このように若者だけでなくいろんな世代が関係なくインスタグラムを利用している。

 

月間アクティブユーザー率

月間アクティブユーザーとは?

MAU(マンスリー・アクティブ・ユーザー)とは、会員制のWebサイトやネットサービス、スマートフォンアプリなどで、ある一ヶ月の間に一回でも利用や活動のあった利用者の数。人数として表す場合と、登録利用者に対する割合として表す場合があり、前者を「MAU数」、後者を「MAU率」と呼ぶこともある。

アプリは、ダウンロードするだけでは価値がなく、毎日どれだけ使われているのかが重要になります。

価値のあるアプリ=毎日使われている

【比較】

  • Facebook⇒56%(約半分は1ヶ月に1回開かない)
  • Twitter⇒60%
  • LINE⇒85%
  • Instagram⇒86%(毎月・毎日1回は開かれている)

※インスタグラム⇒毎日平均2.3時間に1回は開かれています。(街中・電車でスマホをいじっていたらほとんどインスタグラム。)

こういう数字を見ると情報収集しているアクティブユーザーが多いことがわかります。

昔は、テレビや新聞・雑誌が支流でしたが今はSNS(インスタグラム)が支流になっています。

けん
けん
こんなにインスタグラムをしている人がいたとは思いませんでした!ということは・・・ビジネスをしている人はインスタグラムに着目して根を張らないといずれ失敗するリスクが高いということですね。

インスタグラムって何?

けん
けん
SNSは分かったけど・・・インスタグラムって何だろう?

【インスタグラムの機能:現在】

  1. ストーリー⇒(24時間以内で消えてしまう)
  2. Live⇒(例えば、動画配信で実際に服の着こなしコーデをする)クオリティの時代
  3. 投稿⇒(友達やフォロー・フォロワーの記事が見れる)
  4. DM⇒(LINEのようにメッセージのやり取りができる)
  5. 場所やモノの検索・予約・購入ができる

このように今は情報をSNSで取得する時代になります。

  1. 情報が簡単に手に入る(直感的)
  2. 信頼性

 

検索編

  1. 検索(虫眼鏡マークに調べたいワードを入れる)※Googleであれば「文字」
  2. 画像がたくさん表示
  3. 直感的に選択する
  4. そこの画像に口コミが書いてある(参考)
  5. 名前をクリックする(気になれば)
  6. お店の場所・画像が出てくる
  7. 実際にお店に行った人の口コミを見れる

 

ショッピング機能編

  1. おしゃれな服にタグが付いている
  2. そこから詳細を見れる
  3. 購入

予約機能編

  • 今まで⇒プロフィールにURLを張っていて「こちらから予約できます」としていて、他店との比較をされていた。
  • 現在⇒メッセージと電話の間に【予約】のボタンがある。押すとカレンダーが出てきて予約。
  • 完了

 

このように情報の取得~予約・来店までに繋がっている!
けん
けん
インスタグラム1つで全てができますね!

 

インスタグラム=ライフスタイルアプリ

けん
けん
聞きなれないけど・・・ライフスタイルアプリってどういう意味?

 

結論

流行り廃りがない=長期的にファンや集客に役立てることが可能になる

インスタグラムアプリは、SNSアプリではありません。

 

インスタグラムはSNSでしょ?

 

という方にお伝えします。

 

インスタグラムはさまざまな需要があります。

  • 友達の近況情報を知れる
  • お店の予約ができる
  • お店の口コミを見て情報の信頼性を確認できる
  • 情報の検索(場所やモノの購入)

 

このような感じです。

 

【例】ホットペッパーで予約・Amazonで購入

⇒飽きる??

⇒飽きない。

 

【なぜ】

便利だから

※人は便利なモノには”飽き”がこないです。

 

ではなぜ飽きが来ないのでしょうか?

 

来ない理由は2つあります。

  1. ライフスタイルアプリ
  2. Facebook社の資本力(インスタグラムはFacebook社が運営しています)

 

現に「スナップチャット」は、Facebook社に真似されて終わってしまいました。

今やってる人が多い「Tiktok」も結局は撮影したものをインスタグラムにあげて利用しています。

こういう風に進化していくものには、私たち自身がついていかなければいけません。

インスタグラムは流行り廃りがないアプリ=ライフスタイルアプリ

けん
けん
ライフスタイルアプリ=インスタグラム。飽きが来ないということは、長期的に需要が続くということですね。

 

MUPカレッジに入りたい

MUPカレッジゾウさんクラス⇒コチラ

MUPウサギクラスに入学したい方→コチラ

【紹介者ID⇒mup203824】

使って頂けたら嬉しい限りです。

 

 

MUPカレッジ入学方法⇒コチラ