MUP【ウサギクラス】近況報告

「石の上にも3年」はもう古い!最短最速でスキルを学ぶ方法【徹底解説】

けん
けん
どのようにしてスキルを最短最速で身に付けることができるのか?一緒にまなんでいきましょう。
こんな方におすすめ

スキルを最短最速で身に付けたい方

スキルの身に付け方を知りたい方

スキルって何かを知りたい方

この記事は、”スキルを身に付けるためのスキル”を子供でもわかりやすく細かく解説していきます。

価値あるものにお金を払う

「石の上にも3年」という言葉があります。

最初は冷たい石の上でも、長い間座り続ければ徐々に暖まってくることが喩えになっています。 ここから転じて、つらくて我慢して続ければ、いつかは成し遂げられることを意味するようになりました。 「石の上にも三年」の言い換えで、「石の上にも三年居れば暖まる」ということできます

 

昔は、この言葉をよく聞いたと思いますがスキルを身に付ける期間としては正直長すぎます。

3年もいらないです。

今の世の中では、YouTubeオンライン化によって学ぶ方法が多様化されてきているからです。

では、どのようにして最短最速でスキルを身に付けられるのか例を交えながら解説していきます。

【例:美容師】

  • 髪をもっと上手に切りたい
  • 上手くなりたい

【例:調理師】

  • 料理のクオリティをあげたい
  • 腕を磨いていきたい

通常はこのように考えます。

しかし、このようにスキルを付けることは意味がないし全く逆方向に進んでいきます。

 

自分のスキル・自分自身の価値を上げるようなスキルのつけ方をしなければ意味がありません。

⇒人や企業は価値あるものにしかお金は払わないからです

価値を上げるためのスキルのつけ方

まずは、どこにでもある”水”を例にしてみます。

【例:水】

日本の水⇒1本100円

砂漠の真ん中にある水⇒1本1万円

なぜ同じ水でこのような金額の差になるのか?

 

【どれだけの希少価値があるか】

 

ということになります。

 

では、わかりやすく職業で解説してみたいと思います。

 

保育士を例にして解説してみます。

 

【例:保育士】

  1. 給料⇒約16万~18万円
  2. 人材不足
  3. 免許保有:120万人(100人に1人)
  4. 働いてる人数:43万人

 

【例:インターナショナルスクール保育士】

  1. 給料⇒約50万円(年収:600万円)
  2. 英語・中国語が話せる

 

2つの保育士を比較するとどうでしょうか?

同じ保育士も”16万円”と”50万円”の差が生まれています。

 

通常の保育士は、給料が低く職業の価値がないので120万人も資格を持っているのに43万人しか働いておりません。

 

一方、インターナショナルスクール保育士はどうでしょうか?

保育スキル以外にも英語・中国語などの語学スキルがあることで給料も50万円(年収600万円)と高くなっています。

 

【100×100の法則】

⇒100人に1人の価値ではなく、1万に1人の価値になることで自分自身の希少価値が高まること。

これは保育士以外にも当てはまります。

  • 理美容師
  • 調理師
  • 整備士

など他にもたくさんあります。

 

どの職業も全てその専門職の勉強しかしないですよね?

これだと自分の価値はなかなか上がりません。

 

他にも同じ専門職スキルを持っている人がたくさんいるからです。

いずれ必要とされなくなります。

 

【スティーブ・ジョブズ】

職業:エンジニア

⇒ピクサーでデザインも学んでいる。

※自分の領域以外を学ぶことでほかのスキルも身に付けられる=自分の価値が上がる

スティーブ・ジョブズの歴を見てもわかるように、実際のスキル以外の他のスキルを持っています。

 

日本:職人気質(石の上にも三年)⇒×間違い

自分のスキル以外を求めて学んでいく⇒〇理想

【重要】

自分は○○だ⇒×

考えや思考が固定されてしまい視野が狭くなる。

 

自分は○○かもしれない⇒

アイディアが増え、思考が幅広くなる

インプットの方法とやり方

方法

インプット=非生産時間に徹底

 

例えば、本を読む行為。

時間をとって何時間も本を読むことははっきり言って”不効率”と言えます。

 

インプット=非生産時間に徹底

 

【例】

  1. 本を聞く⇒Amazonにある本を読み上げてくれる機能(旅行・散歩・運転のときなどに活用できる)
  2. ニュースアプリ⇒重要なニュース・コメントを見てチェックする(テレビの前で何時間も張り付かなくても、外に出ながら手早くチェックできる)

このように、非生産時間をいかに生産時間に変えるか。

変えた生産時間を活用することで効率的にインプットの時間に当てることが重要です。

やり方

インプット×アウトプット=インプット

実際、本を読んだり動画を見たり人の話を聞いただけでインプットした気でいませんか?

 

それは、一切インプットできていません=学んでいない

 

インプット=アウトプットしてこそインプットになります。

 

本を読んだ内容・動画の内容・人の話などインプットしたこと

ブログ・YouTube・SNS・人に話すなどして発信してこそインプットになります。

 

【インプット×アウトプット=インプット】

MUPカレッジに入りたい

MUPカレッジゾウさんクラス⇒コチラ

MUPウサギクラスに入学したい方→コチラ

【紹介者ID⇒mup203824】

使って頂けたら嬉しい限りです。